運営組織

日本スーパーラリーシリーズ発足に伴い、新たな組織を設立します。

名称

日本モータースポーツ・アソシエイション Japan Motorsport Association

設立趣旨と目的

  • ラリー、スピード競技や、参加型モータースポーツの振興、普及、競技会の質の向上を図るために、主催者、プロモーターが統合した組織の必要性を切望する関係者により、新たな統合団体として設立に至りました。
  • 競技主催者、プロモーター、協賛スポンサー、参加者の連携、協力、調整を図り、競技イベントの活性化、ファンの開拓と満足度の拡充、発展性のあるモータースポーツイベントの実現を目指します。

業務内容

  • FIA格式のインターラリー、全日本ラリー選手権のプロモート
  • 参加型モータースポーツ全般のプロモート
  • 参加型競技イベントの質の向上を図るための、協力と助言

組織構成

設立にあたって会長、副会長、事務局長を定め、メンバーについては順次拡大を目指します。設立時の主要メンバーは以下のとおりです。

会長

田畑 邦博(AG.メンバーズスポーツクラブ北海道代表)

副会長

高桑 春雄(NPO法人M.O.S.C.O代表)

委員

長瀬 努(株式会社キャロッセ代表、JRCA会長)
川田 輝(ジャーナリスト)
福江 剛司(合同会社サンク)

事務局長

河野 亜希子(合同会社サンク代表)